バナー

デジタルサイネージの広告リースモデル

デジタルサイネージのビジネスモデルには一般的なものに加えて、ステークホルダーが外部からコンテンツを追加することによって収入を得るというものもあります。これは運用ステークホルダーである広告主と、その先のクライアント両方を支援する共生の関係です。



旅行センターやショッピングモール、イベント会場などを通じてより多くの視聴者にたいしてリーチを望んでいる広告主がこのモデルのデジタルサイネージ運用を望むケースが多くなっています。

同様に現地スポットの所有者または運用管理者も、これらのシステムを開発することに官人を示しています。

デジタルサイネージの情報が揃っています。

たとえば、このビジネスモデルを活用して、大きな空港が広告主のクライアントに向けて情報または教育関連のコンテンツを配信するケースも多いです。
このデジタルサイネージのビジネスモデルでもやはり消費者がチェーンの中で一番力を持っています。

なぜならば、広告主、またはそのクライアントがこのビジネスモデルにより多くの投資をおこなうかは消費者の反応に左右されるからです。

しかし、広告主が一番トップになるケースもあり、これは経済的に支えているのが広告主であるためです。

このモデルを動かす経済的な潤滑油がなんであるかという観点からみれば明らかに広告主とクライアントの支出になります。
主要なビジネスドライバーはメディアバイイングを行う広告代理店を介して得られる広告収入です。

安心安全のNAVERまとめに関する疑問を解消してください。

つまり消費者がコンテンツに満足して認知しているという仮説の下で成り立っています。